伝統行事|イベント・ニュース|南信州・平谷高原の観光情報【ぴーかん.net】

ぴーかん.net -南信州の玄関口・平谷高原の総合レジャーガイド

ぴーかん.netについて

お問い合わせ

サイトマップ

南信州へようこそ

【伝統行事】

7年に一度!平谷諏訪神社御柱祭!!

来月5月14日(土)は、いよいよ御柱祭です。

タイムスケジュールが決まりましたのでご覧下さい。

平成28年5月14日(土) 午前8時〜午後5時

午前8時
 現地(才の神)/安全祈願祭・伐採・山出し

里曳き
午前10:00 第1休憩所(赤坂スキー場)
午前10:40 第2休憩所(新町)
午前11:20 第3休憩所(西町)
午後12:00 第4休憩所(中町)
午後12:40 第5休憩所(向町・旭町・入川)
午後01:20 第6休憩所(中平)
午後02:00 第7休憩所(柳平・平松・うつぼ)
午後02:35 第8休憩所(平谷温泉・十郎太)

午後03:10 川越え(宮前橋)

午後03:40 神社到着
午後03:40 建御柱
午後04:30 式典

午後05:00 解散

 時間は各場所への到着時間です。

多少の変更はご了承ください。 

チラシは→平谷諏訪神社御柱祭チラシ(PDF 324KB)

地図は→平谷諏訪神社御柱祭地図(PDF 228KB) 

〜ちらしより引用〜
 七年に一度の寅と申の年に行われる平谷諏訪神社式年御柱祭が5月14日に行われます。
 午前8時より才の神において神事を行い、御神木である男木、女木が赤坂スキー場へ曳き出されます。
 その後国道153号線を経由し、各自治体の休憩所を経由し、平谷諏訪神社前の川渡しと神社石段
脇の引き上げで熱気は最高潮となります。
社殿に向かって右に男木、左に女木が建立され、祭は幕を閉じます。
 みなさんのお越しをお待ちしています。

投稿者 pikan.net | 13:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

御柱祭!

669-1.jpg

 今週15日(土)は、いよいよ御柱祭です!前回のお知らせから
日程の変更がありましたので、再度お知らせします。

平成22年5月15日(土) 午前8時〜午後5時

午前8時
 現地(才の神)/安全祈願祭・伐採・山出し

里曳き
午前10:00 第1休憩所(赤坂スキー場)
午前10:40 第2休憩所(新町)
午前11:20 第3休憩所(西町)
午後12:00 第4休憩所(中町)
午後12:40 第5休憩所(向町・旭町・入川)
午後01:20 第6休憩所(中平)
午後02:00 第7休憩所(柳平・平松・うつぼ)
午後02:35 第8休憩所(平谷温泉)

午後03:40 神社到着
午後03:40 建御柱
午後04:30 式典

午後05:00 解散

〜ちらしより引用〜
 七年に一度の寅と申の年に行われる平谷諏訪神社式年御柱祭
が5月15日に行われます。
 午前8時より才の神において神事を行い、御神木である男木、女
木が赤坂スキー場へ曳き出されます。
 その後国道153号線を経由し、各自治体の休憩所を経由し、平
谷諏訪神社前の川渡しと神社石段
脇の引き上げで熱気は最高潮
となります。社殿に向かって右に男木、左に女木が建立され、祭は
幕を閉じます。
 みなさんのお越しをお待ちしています。

投稿者 pikan.net | 10:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

伝統行事『お津島様』

P1030644s.jpg
 毎年、7月14日の晩は厄病除けの行事として『お津島様』が各
家庭で行われます。
 山から白樺の若い木を切ってきて、その枝先を切りロウソクを
立て、ロウソクに灯りをともします。縁側には、季節の野菜を供え
花を飾ります。各戸の灯りがともると村中が美しい夜景を作りだ
します。

投稿者 pikan.net | 16:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

年中行事 お津島様がありました。

DSC03997s.JPG

 年中行事『お津島様』は毎年7月14日の夜に行われます。

 各家の庭先で、白樺の若木にローソク約30本を立て飾り付けます。辺りが

暗くなってくると徐々に各家でローソクに火を灯し始めます。街中がローソクの

灯りで照らされると何とも言えない光景を作りだします。

 (投稿者:平谷村観光協会)

 

投稿者 pikan.net | 08:36 | コメント (0) | トラックバック (0)

平谷の伝統行事「大鍬祭り」2007



4月17日(火)平谷村の伝統行事「大鍬祭り」が行われました。
前夜の宵祭りでは、雨が降っていてお天気が心配されましたが、当日は曇り空から段々と回復し、晴れ間も覗いてきました。

青年団の囃子(はやし)と「ヤート、ヤート」の掛け声とともに、「御鍬様」の御神体を乗せた神輿を、村内の各自治会がそれぞれ順番に引継いで練り歩きます。

写真は、仲馬の壁画の前、向町自治会から中平自治会に引き継がれたところです。子供からお年寄りまで村中みんなが参加して、五穀豊穣などを願い盛大に行われました。

今年も、おいしい高原野菜とあまーいトウモコロシができますように。
そして、平谷のみんなが健康で、幸せになれますように。

(投稿者)平谷村青年団


大鍬祭り関連記事リンク

信州伊那谷の酒「まつのや」さんのHP(4月17日の日記)
http://w2.avis.ne.jp/~kakumatu/12_2007_04webnikki.html

平谷村の手作りパンの店「グランマ」さんのブログ(4月18日の記事)
http://blog.livedoor.jp/cb_grandma/

平谷村商工会「ひまわり」さんのブログ(4月18日の記事)
http://yaplog.jp/hiraya/monthly/200704/

投稿者 pikan.net | 20:11 | コメント (1) | トラックバック (0)

行ってきました!大鍬様祭り

okuwasama.jpg

飯田に就職して以来、ここ数年参加できなかった大鍬様祭りでしたが、久々に参加することができました。
懐かしいなぁ…ヤートヤートの掛け声と笛の音。十数年前と同じ風景でした。

mikosi.jpg

子供たちも、お神輿や今日だけは多べ放題?のお菓子とジュースを前にしてご満悦の様子。
そう言えば私も、お祭りの日は学校が休みでウキウキだったなぁ。
伝統行事っていいですね。また来年も参加したいと思いました。

(投稿者)はやと&みかママ

投稿者 pikan.net | 22:02 | コメント (1) | トラックバック (0)

平谷村の伝統行事「大鍬祭り」



4月17日(月)、快晴の祭り日和の中、子供からお年寄りまで村中みんなが参加して、平谷村の伝統行事「大鍬祭り」が盛大に行われました。

村で約二百六十年続く伝統の行事で、「御鍬様」の御神体を乗せた神輿を担いで、青年団の囃子(はやし)と「ヤート、ヤート」の掛け声とともに、村内の八つの自治会を順番に引継いで練り歩きます。

詳細情報をアップしました。
右端の「詳細情報」のボタンをクリックして御覧下さい。

(投稿者)平谷村青年団

詳細情報

投稿者 pikan.net | 22:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

大鍬様 宵祭り

P4170002s.JPG

昨晩は、大鍬様の宵祭りが行われました。青年団は、深夜0時に諏訪神社へ行って御神体を預かり、村内を練り歩きました。



気温はマイナス1度で、笛を吹く手もかじかむほどの寒さでしたが、若さのパワーでがんばりました。村内を一周して戻って来たのは午前2時頃でした。

今朝は、朝から快晴のよい天気です。いいお祭りになりそうです。

(投稿者) 平谷村青年団

投稿者 pikan.net | 08:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

大鍬様の御神輿完成です。

平谷村青年団が準備を進めていた大鍬様の神輿の屋根が完成しました。


先日、取り分けた杉の葉を屋根に取りつけていきます。



全部取り付けたら、屋根の形に刈り込んで完成です。
月曜日に準備を始めてから一週間、金曜日にようやく完成しました。
みんな仕事が終わってから夜集まって一生懸命につくりました。

明日は、宵祭りです。青年団は、午前0時に諏訪神社に行って御神体を預かり、それから村内を練り歩きます。

4月17日(月)が本番です。天気が良くなるといいな。

(投稿者) 平谷村青年団

投稿者 pikan.net | 20:39 | コメント (0) | トラックバック (0)

青年団「大鍬様」準備開始

DSCF2275s.JPG 

江戸時代から村に伝わる伝統行事「大鍬様」が、今年も間近になってきました。平谷村青年団では、4月17日の当日に向けて、準備を開始しました。

「大鍬様」で使用される神輿の屋根の部分は、毎年、青年団が新しい杉の枝を使って飾りつけます。

昨夜はそのはじめの作業で、杉の木から飾りつけるのに適当な大きさに枝を取り分けました。皆さん慣れた手つきで作業も順調に進んだようです。

今年は4月17日(月)になりますが、昨年の行程からすると、大鍬様の行列が、ひまわりの湯前辺りを通過するのは、午後2時頃になりそうです。

昨年の「大鍬様」の様子についてはこちらをご覧ください。

投稿者 pikan.net | 14:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

どんど焼き(松焼き)

DSCF1601s.JPG

平谷村の伝統行事 どんど焼き(松焼き)が行なわれました。
12月の大雪の影響で、学校の校庭を除雪してのどんど焼きとなりました。


DSCF1607s.JPG

(平谷村誌より)
正月の門松を集めて、三つの地区別にどんど焼き(松焼き)をします。
書初めやお札の古いものや「歳の神」の飾り物(傘・旗等)も一緒に焼きます。


餅を持参して、この火で焼いて食べると夏病みをしないと言われています。
また、燃え残りの木を持ち帰り、家のかまどで炊事に使用すると
家内が無病息災になると伝えられています。

投稿者 pikan.net | 16:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせイベント・ニュース夏風だより珍珍幕府施設情報基本情報周辺案内
©2006 平谷村観光協会